会社情報

日本の水産業の発展を支えるとともに、新たな可能性を追求します。

社長あいさつ

当社はニチモウ株式会社(東証1部上場)の100%子会社であり、養殖に関連した事業の全面移管を受け、平成16年9月に設立し、今日に至るまで国内外の養殖の発展と、安心、安全な水産食品の提供に寄与してまいりました。

わが国の沿岸は変化に富み、古来より漁業とともに養殖が盛んです。これだけその地域に馴染んだ特色のある養殖が行われている国は、世界的にも類を見ません。養殖の多様性は食の多様性を育み、豊かな食文化として世界に誇れる日本食を育ててきたといえます。

しかし残念ながら近年、わが国の食卓からは魚離れが進み、一方、養殖の現場である沿岸域では後継者不足と高齢化により、廃業を余儀なくされる事例も増えてきております。省力、省人化とコストダウンを目指し、もう一度魅力ある産業にしていくことは私どもに課せられた責務であると考えています。

私どもニチモウマリカルチャーは、養殖をトータルでサポートしていくことを経営方針としております。それは生産の現場である川上と販売の現場である川下をしっかりと結びつけることだと考えています。そのために私どもは努力は惜しまない覚悟です。

活気のある浜の原風景と豊かな食文化、この失われつつある貴重なものを守り続けるために、グループ企業とともに今後も向上心を持った企業を目指してまいります。

取締役社長 青木 信也

  • 会社概要・沿革

  • グループ